安全衛生委員会


安全委員会では、県内各水域の安全確保のため、安全マニュアルの作成、事故発生時の情報収集などを行っています。

また、年1回行われる、全国セーフティアドバイザ講習会に県内関係者を派遣し、研修を積んでいます。


基本理念

  • スポーツは公平だからこそ感動を呼ぶ。
  • 基本に忠実に。そうすれば安全に楽しめる。
  • 「協調」とは相手に合わせることではなく、他との違いを感じながら互いに補い合うことである。
  • (事象に向かって信念に沿って、ひたすらまっしぐらに行動せよ。周囲とはしっかりと「やりとり」を保て。
  • 門前払いもダメ。言いなりもダメ。「やりとり」が大切。

安全に関する理念マニュアル

  • 現場は任されている。報告厳守。

<問題、事故、失態に向けて。>

  • 反省するより検証せよ。(個人的→公的)
  • 自分だけで抱え込むな→皆の問題として扱え(2度あることは3度ある)
  • 自分の内及び周辺に生じた異変・変化はより速やかに、より多くの人に伝えよ。

(自分の知っていることは、まず他人は知らないと思って行動せよ。)
(申し合わせ事項を変えるときは、全体に伝えながら実行せよ。)

  • 基本に忠実に。しかも臨機応変に。

(指示は聴け。しかもその通りにするな。)

  • 始動は素早く。行動はゆっくりと。

(善は急げ。しかも急がばまわれ。)

安全委員会からのお知らせはこちらをご覧ください。